こころあ病院は心温まる病院を目指します。

春の避難訓練

5月の下旬、春の避難訓練を行いました。火災警報とともに消防署へ通報し、職員誘導にて患者さんの避難を開始。各病棟から非常階段を使って無事に避難できました。
避難訓練後、消防署員から消火器と消火散水栓の取り扱いを学び、職員による水消火器を使っての初期消火訓練と消火散水栓を使用した消火訓練を行いました。訓練後、消防署員の方から初期消火についての講和もいただきました。
春と秋の年2回行っていますが、避難訓練のたびに患者さんや職員に良い意味の緊張感が生まれます。また、訓練を通して職員の防災意識を高める事が、火災を出さず患者さんを守る一番の近道だという事を念頭に、業務に励みます。